弁護士へ相談してトラブル解決|相続や刑事事件の問題を円満解消!

法律関係の本

遺言書の利点

遺言書を残された家族の為に残してあげましょう

遺言を書く

自分自身が、結構な額の財産を持っている場合、亡くなった時にその財産をどうすれば良いのか、争いになるのではないかと不安に思う人も多いのではないでしょうか。そういった時は、必ず相続でどうするのか、揉めないように、遺言書を残してあげましょう。遺言書を残す事のメリットとは、何よりも相続人同士が、争う事なく、相続の手続きを行う事が出来るという事です。相続は、相続人全員の意見を一致させなくては、手続きを進めることが出来ません。特に、兄弟や親せきなどが多い場合には、とてもではありませんが、なかなか意見を一致させるのは難しいのです。ですので、遺言書を事前に残しておく事で、そうした争いを行わなくて済むのです。誰に何を残すのかというのをきちんと形にしておけば、遺産分割協議も不要になります。

誰でも残すことが出来るというメリットもあります

また、遺言書を残すという事は、一般的に法定相続人に入っていない人でも、財産を上げることが出来ます。例えば、内縁の妻であったり、長男の妻など、もしもこの人には残しておいてあげたいと思える人がいるのであれば、必ず遺言書を残しておいてあげましょう。そして、何よりも残された家族が、長い時間をかけて、財産をどのようにして分割すれば良いのかというのを、悩ませる必要がありません。相続人を全員集めて、何を誰が相続するのかという話し合いは、決して簡単に決まる事はありません。ですので、出来る限り財産を持っている人が、事前に遺言書を残すことで、家族や親せき間の争いを起こさずに済むのです。ウチに限っては、財産の事で揉めないだろうと思う人もいるでしょう。ですが、何処の家族でも、争いというものは残念ながら起こってしまいます。ですので、出来る限り遺言書を残してあげる事をおすすめ致します。