弁護士へ相談してトラブル解決|相続や刑事事件の問題を円満解消!

法律関係の本

名義の変更

相続登記の専門家に依頼

指を指す女性

人が死亡してその人に財産がある場合は、遺族はその財産を相続することが出来ます。住宅や土地などの不動産の場合は、亡くなった人の名義のままになっているので、正しく事実を反映するために、相続登記をすることが必要になります。相続登記自体はそれらの不動産を売買することがなければ、申請する必要はありませんが、売買する際は一旦遺族の名義に直して(登記をして)売買する必要があります。個人でも登記申請はすることが出来ますが、申請書の作成が難しかったり、住民票や戸籍謄本などの添付書類が必要となり、手続自体が素人には難しく感じられます。そのようなときには、司法書士という国家資格を持った登記の専門家がいますので、申請行為一式をお願いすることが出来ます。

手続きすべてを任せられます

登記の専門家なので、事実関係の把握から、書類の準備、添付書類の準備などすべて任せることが出来ます。相続の場合、遺族がたくさんいると、相続の対象になる人すべてが利害関係人になるので、全員が相続について意志を表示する必要があります。個人ではなかなか同意を取り付けることが出来ないようなことも専門家である司法書士が仲立ちしてくれることで安心して仕事を任せることが出来ます。また、住民票や戸籍謄本についても通常役所で交付してもらうものよりも多くの履歴が分かる書類が必要になるので、転居していたり、婚姻している場合は複雑担っていることが多いので、司法書士にお任せしたほうが、無駄や漏れがなく安心できます。相続と一口に言っても、正しく登記することはなかなか難しいので、専門家に依頼する方が安心できます。